抗原検査とPCR検査の違い|抗原検査でも陰性証明書は出るのか

帰省や旅行の際に新型コロナウイルスに感染していないかの検査を受ける方も多くいらっしゃるかと思います。陽性、陰性判定をする手段として、抗原検査とPCR検査がありますが、本コラムでその検査方法の違いや、陰性証明書の発行など結果通知の違いについてまとめていきます。

抗原検査とは

抗原検査とはウイルスが持つ特有のタンパク質(抗原)を検出する検査のことをいいます。

抗原検査キットは、抗原抗体反応という現象を利用しています。抗原抗体反応とは、特定の抗原には特定の抗体が結びつくという反応です。そのため、受検者がコロナウイルスの抗原を持っている場合、コロナウイルスの抗体をくっつかせることで検出することができます。検出できたということは、抗原を持っていたということなので陽性となります。

抗原検査は新型コロナウイルスにのみ有効な手段ではなく、インフルエンザなどその他の感染症に対しても用いられています。例えば、インフルエンザの抗原に反応する抗体を用いれば、インフルエンザに対して陽性か陰性かを判定することが可能です。

抗原検査は抗体が抗原と結びつかないと検出されないため、検査キットをうまく鼻腔の奥の方から採取できない場合や、感染初期のウイルスの少ない場合には、感染していても陽性とならない場合があります。

PCR検査とは

PCRとはポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)といい、DNAを増幅する手法を表します。PCR検査とは、検出対象のDNAを増幅させ検出する検査方法です。

ウイルスのDNAを増幅させその過程を監視するため、検査結果が得られるまでに時間がかかりますが、検体に少量でもウイルスのDNAが含まれていれば、陽性か陰性か高精度で判定が可能です。また、抗原検査は抗原があるかどうかだけの検査になりますが、PCR検査ではウイルスがどの変異株なのかを調べることも可能です。

PCR検査とはDNAを増幅させ検出する検査方法なので、この仕組みを用いることで、抗原検査と同様、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザなどその他の感染症検出も可能です。

参考 : PCR検査とは?検査の方法や内容を解説

抗体検査とは

抗体検査とは体内に抗体があるかどうかを調べる試験となります。体内の抗体は血中を巡っているため、採取するために少量の採血を行います。抗原検査と語呂が似ているので勘違いしやすいのですが、抗体を調べる試験であって、コロナウイルスを検出する検査ではありません。

抗原検査と、PCR検査、抗体検査の違い

抗原検査PCR検査抗体検査
検査の目的現在感染しているかを確認するため。現在感染しているかを確認するため。過去に感染歴があるか知るため。
抗体を持っているか知るため。
検体鼻腔咽頭拭い液鼻腔咽頭拭い液
鼻腔拭い液
唾液
血液
検査対象ウイルスのタンパク質(抗原)ウイルスの遺伝子血液中のタンパク質
感度(精度)一定以上のウイルス量があれば高精度で検出可能。
感染初期の時期では精度が低い。
どの時期でも高い精度で検出可能。
測定時間15分~30分程度、その場で結果を確認できる。検体を検査できる施設に持っていく必要があるため結果通知までにおよそ1日。
検査自体は1時間程度。
検体を検査できる施設に持っていく必要があるため時間がかかる場合がある。
検査自体は15~30分程度。
変異株の特定対応不可
(遺伝子変化に対応する抗原検査手法の開発難易度が高いため)
対応可能
(変異株を特定するための検査を別途する必要がある場合があるが、同じ検体で可能)
陰性証明書医師の診断があれば可能。医師の診断があれば可能。

抗原検査でも陰性証明書は取得できるのか

陰性証明書の発行については、抗原検査でもPCR検査でも条件等はありますが可能です。

ただ、陰性証明書の発行元はあくまでも病院やクリニックなど医療機関であり、検査会社が実施している検査だけでは取得ができません。そのため陰性証明書が必要な場合には医療機関での受診か、医療機関と提携している検査機関での検査が必要になります。

参考 : 陰性証明書の取得方法

陰性証明書ではなく検査結果の通知書のみで十分なケース

全国旅行支援キャンペーン適用にあたって、ワクチン接種証明、もしくは陰性を証明できる書類が必要となります。

この陰性を証明できる書類については、陰性証明書ではなく検査結果通知書でも対象になるようです。そのため医療機関を通さないPCR検査の検査結果でもキャンペーンが適用されます。

ただ、自治体によって対応が異なる場合がありますので、詳しくは対象の自治体に事前にご確認ください。

参考 : 全国旅行支援キャンペーンとPCR検査・陰性証明書

陰性証明書が必要となるケース

2022年12月20日現在、陰性証明書が必要なケースとしては主に海外旅行時になるかと思います。徐々に規制が緩くなってきたため、陰性証明書が必須でない国も増えてきましたが、まだ指定の要件を満たした陰性証明書の提出を求められる国もあります。

各国で入国時、出国時に要件が異なりますので、海外旅行先の要件をご確認ください。 リプロセルの郵送PCR検査キットも医療機関と提携しているため、陰性証明書の発行が可能です。

トップページ > コラム > 抗原検査とPCR検査の違い|抗原検査でも陰性証明書は出るのか

お申し込み

\ 法人のお客様はこちら /

法人様お問い合わせフォーム

法人のお客様は事前銀行振込
※お振込み後のキャンセルは不可

\ 医療機関様はこちら /

医療機関様お問い合わせフォーム