全国旅行支援キャンペーンとPCR検査・陰性証明書

2022年10月11日から全国旅行支援が開始されました。観光需要喚起を目的に全国46道府県で開始され、東京都のみ2022年10月20日から実施されます。全国旅行支援の適用には新型コロナウィルスのワクチン接種証明や、PCR検査での陰性証明を用意するといった条件がありますので本コラムでまとめていきます。

全国旅行支援とは

全国旅行支援は、旅行代金の割引と地域クーポンを付与する全国を対象とした観光需要喚起策です。具体的な割引内容は、旅行代金の40%の割引と旅行先の土産店などで使用できる地域クーポンが平日3,000円分、休日1,000円分の配布がされます。旅行代金の割引額には上限があり交通付き宿泊旅行で上限8,000円、その他上限5,000円となっています。
また現在各地域で行われている地域クーポン、地域の独自特典との併用も可能となっており、割引率の高さから大きな注目を集めています。
2022年10月11日から実施され(東京都のみ2022年10月20日開始)、対象期間は12月下旬までを予定しており、観光需要増が期待されます。

全国旅行支援の適用条件とPCR検査

全国旅行支援は、当初2022年7月前半からの開始を予定していましたが、新型コロナウイルスの感染状況を理由に延期されていました。全国旅行支援の適用には新型コロナウィルスの感染拡大を抑えるためのワクチン接種等の条件が課されています。

適用条件

利用者全員の、運転免許証、健康保険証などの身分証明書に加えて、3回目のワクチン接種証明書か、PCR検査などの陰性証明書の提示が必要となります。ただし、家族で旅行する場合、同居している12歳未満は証明書が不要となります。

陰性証明書の期限

2022年10月11日現在、どのタイミングで取得した陰性証明書を用意したら良いか期限をホームページに明記していない自治体もあります。基本的には各自治体で設定された指定の期間内の陰性証明書が必要になります。旅行先の自治体のホームページを確認し、記載がなければ問い合わせてご自身で確認ください。

ワクチン接種証明書と陰性証明書の取得方法

ワクチン接種証明書については厚生労働省のサイトにて案内があります。接種証明の取得についてはマイナンバーカードが必要となります。専用アプリからの取得が推奨されていますが、市町村窓口でも取得が可能となっています。

陰性証明書の取得については、PCR検査を実施する会社ごとに対応が異なります。リプロセルで行っている郵送PCR検査の検査結果証明書はPDFデータで共有しています(検査結果証明書の発行をお申し込みの場合)。個人購入・法人個別送付の方には、ウェブサイトからログインできるマイページにPDFがアップされます。法人一括送付の方には、付与されたQRコードからログインできるマイページにPDFがアップされます。そちらのPDFをデータとして、もしくは印刷して全国旅行支援を活用ください。

全国旅行支援都道府県連絡先一覧

観光庁のサイトにて以下のようにまとめてありますのでそちらも合わせて参照ください。
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page06_000261.html

トップページ > コラム > 全国旅行支援キャンペーンとPCR検査・陰性証明書

お申し込み

\ 法人のお客様はこちら /

法人様お問い合わせフォーム

法人のお客様は事前銀行振込
※お振込み後のキャンセルは不可

\ 医療機関様はこちら /

医療機関様お問い合わせフォーム